FC2ブログ

デブで醜い借金取りに女性化(3)

借金取りの命令で、女装した夫を残し、

いつものように私は隣の部屋にいくように言われました。


私は隣部屋から聞き耳を立て、二人の狂った情事を聞き、

後日、借金取りの男にその様子を報告せねばなりません。


それによって、私たちの借金を軽減してくれるという契約なのです。

なんと、狂った、変態的な契約でしょうか。あのデブでおぞましい男の考えそうなことです。

しかし、私たちに選択の余地はございません。



壁に耳を当て、手にはノートを持ち、内容を記していきます。

夫は強制女装され、佐和子という名前を与えらています。

二人の会話が壁越しに聞えてきます。



「ひひひひ。俺の佐和子。俺の佐和子。パンスト、パンスト、ひひひ」

「あん。そんなところ触らないで!」





私は、発狂しそうに悔しい思いをしながら、

ノートに会話を克明に記録していきます。


「佐和子、そんなこと言ってるけど、ここはびんびんじゃないか?

どうしてなんだ。男に触られて、どうして興奮しているんだ。

お前はついこの間まで、エリートサラリーマンだったじゃないか。

さては、お前、男に目覚めたかぁ?ひひひ」


「タダオさん。お願い。そんなに虐めないで・・・・」

「ひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」

書いていて、涙が頬を伝います。


すると、


・・・・ぐちょぐちょ、ずぽずぽ

といった、この世のものとは思えない

下品で淫乱な音が聞えてきました。

と、同時に借金取りの男の「うぐぐぐ」と

いう悪夢のあえぎ声も聞えてきます。



「・・・あいかわらずフェラうまいな、佐和子。

こんなに俺の快楽のツボにヒットする口まんこはないないな~いよ。ぐふふ。

さすがに、お前もチンポ持ってるだけあるな」


どうやら、夫はあの豚男の汚らわしい強制フェラを命じられているようです。

なんて、可哀相な私の夫。

すると、あの豚男はすかさず、こう言いました。






「どれどれ、俺にもお前のびんびんチンポ舐めさせろ。
パンスト越しにな。ひひひひ」


「あん」


すっかり女のような声をだす私の夫。

すぐに、じゅるじゅるという汚らわしい音が聞こえます。

「あ~~~~だめ。だね。い、いっちゃう!」

また夫のよがり声も聞こえます。

まるで淫乱な女のような声です。

夫は、夫は身も心も淫乱な女に開発されてしまったのでしょうか。


借金取りの男の下品でいやらしい声が聞えます。

「うひひひひ。うひひひひ。
うまいうまいうまい。佐和子、パンスト越しのお前のチンポは極上だよ。
カリの形もいいし、太さもある。なにより、カチカチだ。ひひひ」

「や、やめてください・・・ひぃ」

「ぐちょぐちょ、ずぽずぽぐちょぐちょ、ずぽずぽぐちょぐちょ、ずぽずぽ・・・」






夫の抵抗する声が聞こえますが、それが抵抗でなく、
むしろ更に求めているのが声で分ります。


「やめてくださいって、ひひひ、こんなにビンビンにしてかぁ
おつゆも随分ででるよ。ミルクちゃんがひひひ。パンストぐしょぐしょだぁ
おいちい、おいちい。あ~おいちい・・・・うぐぐぐぐ」


「あ~もう、おかしくなるぅ」


おかしくなるのは私です。


「ひひひ。まだイッちゃだめだぞ。イク時は俺が指示をだす。いいな」

「ひぃ~・・・・は、はいぃ」

「ひひひ。佐和子、俺にチンポパンスト越しにしゃぶられて、どんどん女の顔になってるぞ。
淫乱な人妻の表情になってるぞ。チンポつきの奥様だ。ひひひ」

「もう、だめ、いっちゃういっちゃういっちゃう!!」

「よし、だせ!」

「あああああああああああああああ」

「あっはっはっはっ。パンストの中ぐしょぐしょだ。いひひひひひ。いひひひひひ」


私は二人の情事に耳を塞ぎ、ただ床にうずくまるのでした。





「・・・・・なんだよ、その顔は?」

久しぶりの夫婦二人きりの夕食。
しかし、私は夫を正視することが出来ませんでした。
あの時の借金取りの男に対して、だした女のような夫の声が
忘れられないのです。


そんな私の態度に気づいたのか、夫は苛立って言いました。

「俺だって・・・・仕方なくしてるんだ」

この言葉に私の中で何かがキレ、反応してしまいました。

「仕方ない?
あなた、仕方なくてあんなことができるの?」

私の頭の中には、借金取りの男に女装を命じられ、
最初は嫌がっていた夫が、
徐々に歓喜の声をあげていく・・・
その耐え難いシーンが制御不能のスピードで
頭の中をぐるぐるとスピンしていて、
こんな酷いことを言ってしまいました。


そんな私に、夫は逆ギレ気味に言い返してきました。

「じゃあ、借金はどうするんだ!
あいつの言うことを聞かなかったら、借金は増えるんだよ」




「あなた、おいしそうにチンポ咥えていたじゃない?」




ああ。こう言えたらどんなに気分がいいでしょうか。


しかし、さすがにそれは言えませんでした。

借金の為に夫が変態的な命令にしたがっているのは事実ですから。

それが今では禁断の快楽になっているとしても・・・・


つづく

デブで醜い借金取りに女性化(2)

でぶで醜い借金取りの男は妻である私に飽きてしまい
なんと夫に女装をさせて凌辱するという変態ぶりを示すのです。
以前から私とのセックスで異常な性欲ぶりを発揮していましたが、
まさかここまで性欲が異常に捻じ曲がっているとは。

しかし、借金を返せない私たちに断る術も権利もありません。

でぶ男の選んだランジェと女物の服を着せられた夫は完全に男の性の玩具と化し
今夜も借金の利子の変わりに辱められています。

「ひひひ。最初はあんなに嫌がってたくせにな。いやらしいな、おめえ。
ペニちゃん、こんなにパンティの中で固くしてよ。興奮してんじゃねえか。
欲しいんじゃねえか。ひひひ。ひひひひひひ。男の味覚えたな、こいつは。ひひひ。ひひひ。ひひひ」

ひひひという卑しい声を聞くたびに私は気がおかしくなりそうです。
私はもう正視できず、その場を離れようとしますが、男がそれを許しません。

「お前はそこで見てるんだよ、女。
お前の夫がどんどん俺様のチンポを好きになるのをな。ひひひ」

男は私とでもそこまで大きくならなかったペニスを夫の顔に近づけて言います。

「ほら。男の匂いを覚えろ。どうだ。舐めたいだろう。
俺はもう、あんたの奥さんより、ずっと女装したあんたのほうが興奮するわ。
俺様のチンコみれば分るだろ。こんなにビンビンなったのは中学以来だ。ひひひ」

夫は屈辱の表情に見えますが、夫の股間のパンティが勃起によって膨らんでいるようにも見えます。
あぁ 夫はあのデブ男に女にされてしまうのでしょうか。
私はどうしたら・・・・


「ひひひ。佐知子、うまくなったなあ」

あれから数日が過ぎました。
醜く太った男はいやらしく黒光りした
自らの陰茎を女装した私の夫に舐めさせながら言います。
あれから、男は私とは全くセックスせず、代わりに、いえそれ以上に
女装した夫と毎日、性交しております。

「ひひひ。最初はあんなに嫌がっていたのになあ、佐和子。
おいしそうに舐めるじゃねえか。まあ、お前も立派なもの持ってるからな。
そう思うとたまんないぜ」

勝ち誇ったような表情を浮かべ、
片手で夫の頭を掴み、ペニスを口中に押し込みます。

「うぐっ・・・」

「ひひひ。たっぷり、味わえ。お前ほど立派じゃないがな。
女になったばかりなんだから、たくさん咥えないとな。いひひ」

地獄の光景です。
咥えている佐知子というのは、女装した男性。
そうです。私の夫なのです。
私の恨めしい視線を感じたのでしょうか。
男が言います。

「おい。おまえ、向こう行っていいぞ。女臭いんだよ」

男の命令には逆らえません。
多額の借金をしている身ですから。
私は隣の部屋に移動しました。
かすかに男と夫の声が聞こえます。
私は耳を塞いで、ただ時が流れるのを待つのでした・・・・


「さてと、邪魔者がいったな。もういいぞ。
いつもの佐知子になれよ」

「はい」

夫は妻がいなくなった途端、
表情も態度も一気に女になる。
その変化が借金取りの男を興奮させた。

「ひひひ。お前は最高の女だ。
もう、佐知子、お前しか興奮できなくなったよ」

「私も。タダオさんのオチンポしか欲しくないです」

「ひひひ。そうか、そうか。
じゃあ、佐知子、いつものように
お前のかわいいケツまんこをたっくさん掘ってあげるからな」

「あん。嬉しい」

「その前に、たっぷりフェラで俺のマラを濡らせ。
これからお前の中に入る俺の肉棒をガチガチにしろ」

「はい。私の中に入る、タダオさんのオチンポ・・・
あん。大好き」

佐知子は愛しいものを抱きしめるように、
情熱的に男のペニスを口淫した。

「ひひひひ。そうだそうだ。ひひひひ。く~~~たまんねえなあ!」

部屋にはぐちょぐちょという淫乱な音がこだまするのだった。


つづく

デブで醜い借金取りに女性化(1)

そのデブで醜い借金取りは、奥様のセックスでは物足りなくなりました。
すると、今度は借金の張本人の夫に「お前が女装して、俺に奉仕しろ」といいだします。
今までエリートコースを進んできた夫は猛然と反対しますが、そこは借金の身。言い返すことはできません。
仕方なく、妻の下着や服を借りて、女装してみるのでした。

女装した夫をみて、借金取りはニヤリといやらしく微笑みます。

「お前、なかなかいけるじゃねえか。
さては隠れて女になったことあるんじゃねえか?」

借金取りのデブで、醜い、セックス好きの男は
強制女装された夫を嘗め回すように見ながら言います。

「ひひひ。なんだかチンポコがビンビンになってきやがったよ。これからは、お前に俺の性処理頼むか。
お前の妻は、嫌だ嫌だ言うわりには最近じゃあ、自分から腰痛振りやがるしな。
そんなクソ女じゃあ、俺の繊細なチンポは立たねえんだよ。お嬢さんぶりやがって、とんでもねえ、売女だ」

その酷い中傷を聞いて奥さんは悔し涙にむせるのです。

「うるせえ。泣くなら、向こうにいけ!
お前にはもう用はねえ。チンコが立たねえんだよ」

よくぞ、そんなひどいことが言えたものだ。
お嬢様育ちの奥様は思いますが
借金の身である以上、何も言えないのでした。

「そんなことより、旦那さんよ。あんたセクシーだな。
ちょっとよ、スカートめくってみせてくれよ」

夫は恥ずかしそうに、借金取りの指示に従います。

「俺は、見ての通りのスケベヤロウの変態だ。
一通りのスケベなことはしてきた。でも、これは初めてだな。
金貸してる男を女装させて、好きなようにするってのはな。ひひひ」

夫は今にも泣き出しそうな表情でスカートをめくりあげました。

「ほほ~~。なんだい、なんだい。お前、あそこ固くなってるじゃねえかよぉ。
たまんねえな、おい。俺に見られて興奮してるのか?
ひひひ。たまんねえな。安心しろ、俺がチンポ大好きなメス犬にしてやるからよ。ひひひ」

男は腹についた脂肪を揺さぶりながら、女装した夫に近づくのでした。


つづく

Page top