FC2ブログ

(1)無人島の秘密女装快楽(1)

無人島に漂流して、今日でもう二週間になる。

助けに来る気配は依然ないようだ。
友達5人で小さなクルーズを借りて釣りを楽しんでいた時だった。
突然天候が悪くなり、あっという間に波に流され、
気がついたら、大破したクルーズと男二人だけが砂浜に打ち上げられていた。
不幸中の幸いと言えば、持ってきた荷物があったことだけだ。

タダオはさっきからずっと釣りをしている。
僕はというと、森に木の実や果物など食べれそうなものを見つけてきたり、
大木を集めてSOSの文字を作ったり、当面住む場所を作ったりしていた。

その夜のことだった。

「なあ、○○子の荷物、開けちゃおうよ」
打ち上げられた荷物の中に女子の○○子の荷物もあった。
それまでは、亡くなったかもしれない人の、しかも女性の荷物に手を出すなんてという自制心があったが、
助けの希望が未だ見えない中、そんな気持ちも薄れていた。
タダオは僕の返事を待つまでもなく、荷物を開け始めた。

「うわっ。見てみろよ、このエロい下着。レースだよ。たまんねえな」


タダオは僕たちの暗い状況を吹き飛ばすかのように、茶化して笑った。

「よせよ」
「なんか、ムラムラしてきたよ」

そう言って、タダオはパンティを鼻にあてて嗅ぎだした。

「お前、やめろよ!」

僕はついイラっとして言ってしまった。

「固いこと言うなよ。このくらい娯楽なきゃ、やってられねえよ」
「そりゃ、そうだけど・・・」
「いいじゃねえかよ。もう、○○子はいねーんだし。こんな状況で常識的なこと言うなよ!」


僕たちは一気に気まずくなってしまった。


それから、しばらく話すらしなくなってしまった。

僕は謝りたかったが、タダオもプライドを傷つけられたのか、僕に近づきさえしなくなってしまった。
島に二人しかいないのにケンカしている場合じゃない。
早く、仲直りしなくちゃ。
それには・・・・
僕もバカになる必要がある。

「・・・・なあ、タダオ」
「・・・・」
「この間は、あんなこと言っちゃったけど、実は俺も興味あったんだ。○○子の下着に」
「だろっ?」

やっと、タダオが口を開いてくれた。

「あんな真面目なこと言ってごめん」

するとタダオが意外なことを口にしたのだった。

「許すからお願いがある」
「お願い?」
「この下着、お前はいてくれよ」

「え?」


「ここにある下着と服。化粧品もあるから、ついでにそれもしてくれよ」
「じょ、女装しろってこと?」
「いいじゃないかよ。誰もいないんだし、時間はありあまるほどあるんだし」

なんという提案だろう。まさか、僕に女装をしてくれと言うとは思わなかった。
でも、たった一人の友達だ。ここは受け入れるのが得策だろう。

「仲直りできるなら、するよ」
「やったー!」

僕はタダオと仲直りをしたい一心で女装をすることにしたのだった。
しかし、まさかタダオとこの後、あんなことになるとは想像さえしなかった。

女装をタダオに頼まれた僕だが、やるからにはちゃんとやりたいと思った。

「女装するから、準備に時間が欲しい」
そう言うと、タダオは苛立って答えた。
「準備?もう、いいじゃん、早く着替えてこいよ」
「嫌だ。最低2時間は欲しい」
「2時間も!どうしてだよ!」
「理由は聞かないでくれ。タダオだって、どうせするならきっちり女装したほうがいいだろう?時間は腐るほどあるんだし」

どうせ女装するなら、僕は全身の毛を剃りたかったのだ。それから化粧にも時間をさきたかった。
そんなことはタダオに言いたくない。女装に興味があるって思われたくなかったから。

「わかったよ!その代わり、やっぱり、気が変わったとかなしだぞ」
「大丈夫。女装はするから」

そう言うとタダオは「釣りにいってくる。
2時間後にここへ戻るから」と言って去っていった。

僕はすぐに準備に取りかかった。
まず脛から両足、そして脇と入念に体毛を剃っていった。
つぎに、全身にクリームをぬり、ファンデを塗っていく。
実は、姉の化粧品を使って女装したことが何度もあったのだ。タダオのやつ、びっくりさせてやるぞ。
2時間がたち、タダオが帰ってきた。

僕は完全に女装した格好でタダオを出迎えて言った。

「おかえり。どう?」

「え、え、えええええ!!ま、まじか?ええええ!!!」



opud00078jp-6.jpg





予想以上のタダオの反応に僕は舞い上がった。
タダオはしばし、固唾を飲んで女装した僕を見つめた。

「・・・・・しかし、すごいな。こんなに変わるのか。うーん。奇跡だな」

僕は女装をしたことはあるが、それを見られたことはなかった。
恥ずかしさと高揚感が入り混じった妙な気持ちだった。


「○○子の下着だけで興奮したけど、やっぱり人間の体に身についていると思うと違うな。
しかし、お前すごいな。
なんていうか、そりゃ、完全な女ではないけど、妙に色っぽいよ。
いや、かなり色っぽい。
・・・俺、相当に溜まってるのかな。なんか、変な気分になってくるよ」

「何、俺に興奮し始めてるんだよ。もう脱ぐよ」

「ちょ、ちょっと待ってくれよ。いいじゃないか。ちょっと、もうちょっとこのままでいてくれよ」

実際、最初はいやいや女装した僕だったが
タダオにここまで褒められると、まんざら悪い気もしなかった。
時折、吹く潮風がスカートの下から感じて心地よい。

「あっ」
タダオが小さく声をあげる。

「なんだよ?」
「今、スカート中が一瞬見えた。やばい、俺やばいかも」
「なにがやばいんだよ」
「ここ」

タダオが指差した場所は自分の下半身だった。
穿いているズボンの上からでも、はっきりと分かるくらい激しくペニスが勃起していた。
僕はその見事に隆起した形に言葉を失ってしまった。

「自分でもわからない。やばい。すごく興奮してる」
「変なこというなよ。もう、向こうに行って自分でしてこいよ」
「・・・頼むよ」
「なんだよ?」
「・・・触ってくれ。お願いだ。もう我慢できないよ」
「触るって、嫌だよ」
「お願いだよ。おれ気が狂いそうだよ」
「ムリだよ。自分でやれよ」
「じゃ、せめて、頭入れていい?」
「は?」
「スカートの中。頼むよ」
「ムリだってば!」

僕は、このままじゃらちがあかないと思い、
タダオの勃起したペニスをズボン越しに指でなぞった。

「うぐっ!」

案の定、タダオはあっという間に果ててしまった。
無理もない。相当に溜まっていたのでしょう。どぴゅっという音がズボンの下からした。
「う、ぐううう」
タダオは立ち尽くしたまま、天を仰ぎ快楽に浸っていた。

僕は、僕でこんなに激しく人を興奮させたという今までに味わったことのない感覚に驚いていた。

もしかしたら、これから僕たちは更なる、新しい性の興奮を体験するかもしれない。

この無人島で・・・



(つづく)


テーマ: 女装 | ジャンル: アダルト

(1)【ブルドック顔の上司に強制女装】誰もいないオフィスで(1)

激務が続くと
いてもたってもいられなくなるんです(みなさんもそうですよね?)

そうなんです。
僕の誰にもいえない趣味とは、
誰もいない会社で女装することなんです。
これが痛快で・・・
ストレスが一気になくなるんですよね。

会社での女装を始めて一年経ちますが、
まだばれていません(当たり前ですね。ばれたらいませんよね)
数回、見回りの人が来ました。でも足音がするので急いでウィグをとって、スーツの上着だけ着て向こうを向いていれば大丈夫でした。

始めたころは緊張の連続でしたが、最近では慣れてきたのか、堂々と自分の机で鏡に見惚れています。

ところがです。ついに、その日がやってきました。


その日は仕事でミスをして、上司にこってり怒られました。

「終わるまで帰るな!」

ブルドックみたいな顔をした部長はそう怒鳴りました。僕はむかつきましたが、「女装だな」とすぐに切り替えました。
仕事をとっとと終わらせて、誰もいなくなったら女装してやろうと思ったのです。

好きなための集中力ってすごいですね。
女装を早くやりたい為に信じられない集中力を発揮して、日中なら5時間はかかる仕事を2時間で終わらせました。

さあ、女装ができる!

この日は隣の課の○○さんになりきろうと思いました。
彼女は遊び人でクラブばっかりいってる女の子。僕には縁のない色っぽい感じですが、密かにあんな子をひ~ひ~言わせてる彼氏が羨ましいなと思っていました。
それで彼女が着そうなボディコンシャスなドレスを用意していました。

また見回りが来た場合を考えて、側にスーツの上着を置いて女装開始です。
ストッキングを穿くと、足を伝わる感触であっという間に女の子にあります。
ドレスを着たら興奮して僕の息子がくっきり勃起してしまいました。

「もう、そんなに固くしちゃって。本当にすけべなんだから・・・」

鏡に映った自分に酔いしれているその時です。

「誰だ、君は!」

その声は、ブルドックの顔をした部長の声でした。



ima03.png



★つづく★

テーマ: 女装 | ジャンル: アダルト

(2)あの夏、秘密の快楽(2) 願望叶う

「男なんだよ」

日曜日の昼下がり、おなかが空いたので台所に降りていくと母親が妹にそう言っていた。

「え!本当。でも、そう言われてみれば、ちょっとそうかも」
「昔から有名なのよ。ゆうちゃんって言ってね。
野球するくらいわんぱくで、明るい子だったのよ。それが、まさかあんなになっちゃうとわね」

僕はなんとなく、あの「おばさん」のことを言っている気がしたが、知らないふりをして聞いてみた。


「なんの話?」
「あんたはいいのよ、知らないで」

母は洗い物を続けながらそっけなく言った。

「言った方がいいんじゃない。お兄ちゃん、年上好きみたいだから」

妹はちょっと小馬鹿気味に言った。

「年上なんか好きじゃない。それに受験だから、そういうの考えないし」

僕は若干動揺しながら、そう答えた。妹は鋭いのだ。

「○○団地に住んでるおばさん知ってる?
あの人、男なんだって。結構、綺麗だからお兄ちゃん気を付けてね」
「余計なこと言わないでいいの。もう」

母は妹をたしなめるように言った。

な、なんということだ。
僕は驚きよりも、自分の願望が叶った気がした。
込み上げてくる感動が押し寄せ、この喜びをどう表現していいか分からなかった。

僕はその気持ちと裏腹に母と妹にばれてはいけないと
「男なんでしょ。関係ないじゃん」
と言って、テーブルにあったおにぎりを取って部屋に戻った。


つづく


テーマ: 女装 | ジャンル: アダルト

(2)【ブルドック顔の上司に強制女装】でも女装すると治まるんです(2)

僕は観念しました。
いくらなんでも、もう隠しようがありません。
部長は手に夜食を持っていました。
なんだよ部長いいところあるんじゃん・・・

「おまえ・・・・△○山か?」

部長は呆然としています。それはそうでしょう。
叱りつけた部下を慰めようと夜食を持ってきたら女装してるんですから。
いくら経験のある部長でも、さすがにこんなのはなかったでしょう。

「・・・すいません。でも書類はできています」

と、僕はそういう問題じゃないだろうという釈明をしました。

部長はまだ固まっています。
僕は言い訳を続けました。

「ストレスが半端なかったんです。つぶれそうでした。でも女装すると治まるんです。
自分が異常なことをしているのは分かっています。でも・・・どうしてもやめられないんです」

部長はまだ固まっていました。
無理もないでしょう。

僕たちはしばらく、見詰め合っていました。
ここで見回りが来たら困るなあと僕は思っていました。
すると部長が想定外のことを口にしたのです。

「・・・隣の課の○○さんに似てるね」

え?今、部長何て言った?

「○○さんになりきってたんだろう?」

今度は僕がパニックだ。
絶対に変態呼ばわりされて、明日にも解雇通知を受ける流れになると思ったのに、
隣の課の○○さんに似てるだって?
図星じゃないか!

「お前、さっきまで興奮していたよな。
告白するとね、ドアの向こうでちょっと見ていたんだよ。私まで興奮したよ」

えええ。部長、見てたの!

「まあ、いい。このことは誰にも言わんから、これから一緒にホテル行かないか?」

ホテル?
どうなってるんだ、一体!



★つづく★

テーマ: 女装 | ジャンル: アダルト

(3)デブで醜い借金取りに女性化(3)

借金取りの命令で、女装した夫を残し、

いつものように私は隣の部屋にいくように言われました。


私は隣部屋から聞き耳を立て、二人の狂った情事を聞き、

後日、借金取りの男にその様子を報告せねばなりません。


それによって、私たちの借金を軽減してくれるという契約なのです。

なんと、狂った、変態的な契約でしょうか。あのデブでおぞましい男の考えそうなことです。

しかし、私たちに選択の余地はございません。



壁に耳を当て、手にはノートを持ち、内容を記していきます。

夫は強制女装され、佐和子という名前を与えらています。

二人の会話が壁越しに聞えてきます。



「ひひひひ。俺の佐和子。俺の佐和子。パンスト、パンスト、ひひひ」

「あん。そんなところ触らないで!」





私は、発狂しそうに悔しい思いをしながら、

ノートに会話を克明に記録していきます。


「佐和子、そんなこと言ってるけど、ここはびんびんじゃないか?

どうしてなんだ。男に触られて、どうして興奮しているんだ。

お前はついこの間まで、エリートサラリーマンだったじゃないか。

さては、お前、男に目覚めたかぁ?ひひひ」


「タダオさん。お願い。そんなに虐めないで・・・・」

「ひひひひひひひひひひひひひひひひひひ」

書いていて、涙が頬を伝います。


すると、


・・・・ぐちょぐちょ、ずぽずぽ

といった、この世のものとは思えない

下品で淫乱な音が聞えてきました。

と、同時に借金取りの男の「うぐぐぐ」と

いう悪夢のあえぎ声も聞えてきます。



「・・・あいかわらずフェラうまいな、佐和子。

こんなに俺の快楽のツボにヒットする口まんこはないないな~いよ。ぐふふ。

さすがに、お前もチンポ持ってるだけあるな」


どうやら、夫はあの豚男の汚らわしい強制フェラを命じられているようです。

なんて、可哀相な私の夫。

すると、あの豚男はすかさず、こう言いました。






「どれどれ、俺にもお前のびんびんチンポ舐めさせろ。
パンスト越しにな。ひひひひ」


「あん」


すっかり女のような声をだす私の夫。

すぐに、じゅるじゅるという汚らわしい音が聞こえます。

「あ~~~~だめ。だね。い、いっちゃう!」

また夫のよがり声も聞こえます。

まるで淫乱な女のような声です。

夫は、夫は身も心も淫乱な女に開発されてしまったのでしょうか。


借金取りの男の下品でいやらしい声が聞えます。

「うひひひひ。うひひひひ。
うまいうまいうまい。佐和子、パンスト越しのお前のチンポは極上だよ。
カリの形もいいし、太さもある。なにより、カチカチだ。ひひひ」

「や、やめてください・・・ひぃ」

「ぐちょぐちょ、ずぽずぽぐちょぐちょ、ずぽずぽぐちょぐちょ、ずぽずぽ・・・」






夫の抵抗する声が聞こえますが、それが抵抗でなく、
むしろ更に求めているのが声で分ります。


「やめてくださいって、ひひひ、こんなにビンビンにしてかぁ
おつゆも随分ででるよ。ミルクちゃんがひひひ。パンストぐしょぐしょだぁ
おいちい、おいちい。あ~おいちい・・・・うぐぐぐぐ」


「あ~もう、おかしくなるぅ」


おかしくなるのは私です。


「ひひひ。まだイッちゃだめだぞ。イク時は俺が指示をだす。いいな」

「ひぃ~・・・・は、はいぃ」

「ひひひ。佐和子、俺にチンポパンスト越しにしゃぶられて、どんどん女の顔になってるぞ。
淫乱な人妻の表情になってるぞ。チンポつきの奥様だ。ひひひ」

「もう、だめ、いっちゃういっちゃういっちゃう!!」

「よし、だせ!」

「あああああああああああああああ」

「あっはっはっはっ。パンストの中ぐしょぐしょだ。いひひひひひ。いひひひひひ」


私は二人の情事に耳を塞ぎ、ただ床にうずくまるのでした。





「・・・・・なんだよ、その顔は?」

久しぶりの夫婦二人きりの夕食。
しかし、私は夫を正視することが出来ませんでした。
あの時の借金取りの男に対して、だした女のような夫の声が
忘れられないのです。


そんな私の態度に気づいたのか、夫は苛立って言いました。

「俺だって・・・・仕方なくしてるんだ」

この言葉に私の中で何かがキレ、反応してしまいました。

「仕方ない?
あなた、仕方なくてあんなことができるの?」

私の頭の中には、借金取りの男に女装を命じられ、
最初は嫌がっていた夫が、
徐々に歓喜の声をあげていく・・・
その耐え難いシーンが制御不能のスピードで
頭の中をぐるぐるとスピンしていて、
こんな酷いことを言ってしまいました。


そんな私に、夫は逆ギレ気味に言い返してきました。

「じゃあ、借金はどうするんだ!
あいつの言うことを聞かなかったら、借金は増えるんだよ」




「あなた、おいしそうにチンポ咥えていたじゃない?」




ああ。こう言えたらどんなに気分がいいでしょうか。


しかし、さすがにそれは言えませんでした。

借金の為に夫が変態的な命令にしたがっているのは事実ですから。

それが今では禁断の快楽になっているとしても・・・・


つづく

テーマ: 女装 | ジャンル: アダルト

(2)デブで醜い借金取りに女性化(2)

でぶで醜い借金取りの男は妻である私に飽きてしまい
なんと夫に女装をさせて凌辱するという変態ぶりを示すのです。
以前から私とのセックスで異常な性欲ぶりを発揮していましたが、
まさかここまで性欲が異常に捻じ曲がっているとは。

しかし、借金を返せない私たちに断る術も権利もありません。

でぶ男の選んだランジェと女物の服を着せられた夫は完全に男の性の玩具と化し
今夜も借金の利子の変わりに辱められています。

「ひひひ。最初はあんなに嫌がってたくせにな。いやらしいな、おめえ。
ペニちゃん、こんなにパンティの中で固くしてよ。興奮してんじゃねえか。
欲しいんじゃねえか。ひひひ。ひひひひひひ。男の味覚えたな、こいつは。ひひひ。ひひひ。ひひひ」

ひひひという卑しい声を聞くたびに私は気がおかしくなりそうです。
私はもう正視できず、その場を離れようとしますが、男がそれを許しません。

「お前はそこで見てるんだよ、女。
お前の夫がどんどん俺様のチンポを好きになるのをな。ひひひ」

男は私とでもそこまで大きくならなかったペニスを夫の顔に近づけて言います。

「ほら。男の匂いを覚えろ。どうだ。舐めたいだろう。
俺はもう、あんたの奥さんより、ずっと女装したあんたのほうが興奮するわ。
俺様のチンコみれば分るだろ。こんなにビンビンなったのは中学以来だ。ひひひ」

夫は屈辱の表情に見えますが、夫の股間のパンティが勃起によって膨らんでいるようにも見えます。
あぁ 夫はあのデブ男に女にされてしまうのでしょうか。
私はどうしたら・・・・


「ひひひ。佐知子、うまくなったなあ」

あれから数日が過ぎました。
醜く太った男はいやらしく黒光りした
自らの陰茎を女装した私の夫に舐めさせながら言います。
あれから、男は私とは全くセックスせず、代わりに、いえそれ以上に
女装した夫と毎日、性交しております。

「ひひひ。最初はあんなに嫌がっていたのになあ、佐和子。
おいしそうに舐めるじゃねえか。まあ、お前も立派なもの持ってるからな。
そう思うとたまんないぜ」

勝ち誇ったような表情を浮かべ、
片手で夫の頭を掴み、ペニスを口中に押し込みます。

「うぐっ・・・」

「ひひひ。たっぷり、味わえ。お前ほど立派じゃないがな。
女になったばかりなんだから、たくさん咥えないとな。いひひ」

地獄の光景です。
咥えている佐知子というのは、女装した男性。
そうです。私の夫なのです。
私の恨めしい視線を感じたのでしょうか。
男が言います。

「おい。おまえ、向こう行っていいぞ。女臭いんだよ」

男の命令には逆らえません。
多額の借金をしている身ですから。
私は隣の部屋に移動しました。
かすかに男と夫の声が聞こえます。
私は耳を塞いで、ただ時が流れるのを待つのでした・・・・


「さてと、邪魔者がいったな。もういいぞ。
いつもの佐知子になれよ」

「はい」

夫は妻がいなくなった途端、
表情も態度も一気に女になる。
その変化が借金取りの男を興奮させた。

「ひひひ。お前は最高の女だ。
もう、佐知子、お前しか興奮できなくなったよ」

「私も。タダオさんのオチンポしか欲しくないです」

「ひひひ。そうか、そうか。
じゃあ、佐知子、いつものように
お前のかわいいケツまんこをたっくさん掘ってあげるからな」

「あん。嬉しい」

「その前に、たっぷりフェラで俺のマラを濡らせ。
これからお前の中に入る俺の肉棒をガチガチにしろ」

「はい。私の中に入る、タダオさんのオチンポ・・・
あん。大好き」

佐知子は愛しいものを抱きしめるように、
情熱的に男のペニスを口淫した。

「ひひひひ。そうだそうだ。ひひひひ。く~~~たまんねえなあ!」

部屋にはぐちょぐちょという淫乱な音がこだまするのだった。


つづく

テーマ: 女装 | ジャンル: アダルト

Page top