FC2ブログ

(2)あの夏、秘密の快楽(2) 願望叶う

「男なんだよ」

日曜日の昼下がり、おなかが空いたので台所に降りていくと母親が妹にそう言っていた。

「え!本当。でも、そう言われてみれば、ちょっとそうかも」

「昔から有名なのよ。ゆうちゃんって言ってね。
野球するくらいわんぱくで、明るい子だったのよ。それが、まさかあんなになっちゃうとわね」

僕はなんとなく、あの「おばさん」のことを言っている気がしたが、知らないふりをして聞いてみた。


「なんの話?」

「あんたはいいのよ、知らないで」

母は洗い物を続けながらそっけなく言った。

「言った方がいいんじゃない。お兄ちゃん、年上好きみたいだから」

妹はちょっと小馬鹿気味に言った。

「年上なんか好きじゃない。それに受験だから、そういうの考えないし」

僕は若干動揺しながら、そう答えた。妹は鋭いのだ。

「○○団地に住んでるおばさん知ってる?
あの人、男なんだって。
ケバイけど、綺麗だからお兄ちゃん気を付けてね」

「余計なこと言わないでいいの。もう」

母は妹をたしなめるように言った。

な、なんということだ!
込み上げてくる感動が押し寄せ、この喜びをどう表現していいか分からなかった。


僕はその気持ちと裏腹に母と妹にばれてはいけないと

「男なんでしょ。関係ないじゃん」

とつぶやくように言って、テーブルにあったおにぎりを取って部屋に戻った。


もう僕の性欲はもう止まりません。

色っぽい奥さんなのに、下半身に僕と同じものがある。

ああ!

たまらない!!



衝動的に、ベッドに寝ころび

オナりはじめた。


今までに経験のない、強い興奮!

こんなにガチガチに勃起したことはなかった。



しごきながら、

あの奥さんにも

僕と同じチンポがあるって思ったら、

気持ちよくしてあげたいって気持ちになり、

その奥さんが僕のフェラであんあんよがっているのを

想像しながら自分のをしごいていたら

ああ、もうだめ

突然、今まで経験したことのない快感が

下半身からギューンと頭のてっぺんまでつきぬけました。


そして、

イク時に

「ほら、こうするのが気持ちいいんだろっ!
分ってるんだよ。
こんなにいやらしく黒光りさせて!
こんなエロいパンティーはきながら」

って言いながら、

パンストに包まれ、てかてかに光った腿や

ふくらはぎ、足の指先、

その匂いを想像しながら、

自分のペニスをその奥さんのものだと思って発射しました。


しばらく、動けないくらいの射精でした。

もう、戻れない興奮を知ってしまいました。



つづく


テーマ: 女装 | ジャンル: アダルト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top