FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ひょんなことから女装女王様にシリーズ】01.女王様の命令でメス豚として存在することになった男 【注:女装女王のエロブログです。女装娘、ニューハーフ、シーメール、男性器、男子のパンストなどに生理的嫌悪のある方は特にご注意ください】

ひょんなことから

女装女王様の存在を知り、

すっかり女装女王様の奴隷となってしまった男の話。



その男・・・・いや、女王様の命令でメス豚として存在することになってしまった。




今夜も女装女王様によりメス豚化調教が始まる。



「のこのこやってきて… セックスがしたくてたまらなかったんだろ。
顔に書いてあるんだよ、この淫乱豚女が」

「はい、女王様」

「恥ずかしい子だね。見てみなよ、自分の姿を。
体中でセックスしたいって言ってるよ。恥知らずが」

「申し訳ございません、女王様」

「ほっといても、どんどん濡れるんだね。見られるだけで興奮するのか、お前は?」

「はい。私は女王様に見られるだけで興奮いたします」


男の股間はこれ以上にないくらいに勃起しているのが分る。



38837287684_f302247bd0_z - コピー





「やっぱり、淫乱女なんだな。どうしようもない女だな。濡れるだけじゃ物足りないと見える。
私のを咥えたくて仕方ないだろう。え?」

「はい。女王様」

「そんな簡単に私の神聖なここを触らせるわけないだろう。このメス豚が」

「申し訳ございません」


ピシッ


鞭の音が響く。


「女王様、がぬけてるだろ」

「・・・申し訳ございません、女王様」

「まずは、このヒールを綺麗にしてもらおうかな。舐めろ」

「喜んでいたします、女王様」


奴隷はご褒美をもらった犬のようにぴちゃぴちゃと音を立て
嬉々として女王様のヒールを舐めだした。

よく見ると、奴隷の股間はこれ以上ないくらいに勃起し、
陰茎がくっきりと見て取れる。

その様子をみて、ヒールでなぞるようにしながら、
女王様は言った。

「わっ、なんだこれ。 
なんでこんなに硬くさせているんんだよ。
豚なんだろう?
どれだけ淫乱なんだよ、お前は!」

「うっ!!」

「なんだお前、感じてるのか?
男の穿いたハイヒールで触られて興奮してるのか。
こド変態の豚野郎は」

「女王様は男性ではございません」

「そんな偉そうなこと言って、私のこれが欲しいんだろう?
だから、女装女王様しか興奮しないんだろうが!」

「ひっ!そ、その通りでございます」

「徹底的に調教してあげる必要があるみたいだね。もう、普通に戻れなくしてあげる」

「はひ~~~~」


つづく・・・

テーマ: 官能小説 | ジャンル: アダルト

コメント

  • 2018/12/06 (Thu) 21:32
    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # | | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。