FC2ブログ

(1)女装女王様の告白・・・実はMなの(1)

実は私、Mなんです。

それに本当にちんぽが大好きなんです。
突然、思い切り咥えたくなります。
同時に、私のギンギンのペニクリも咥えてもらいたいのです。
それも、脂ぎった性欲でギラギラしたおじさまに弄ばれたい。
性欲の掃き出しになりたいのです。

女装をすると、いつもそう思います。
でも、私のキャラはSキャラです。
とてもそんなこと言えないし、実行に移せないでいます。

実際に、女装して男性に会うと、Sスイッチがどうしても入ってしまうのです。
Sでのプレイはそれで楽しいのですが、
Mモードになったらもっと強い快楽があるんじゃないかと、
そう思うと気が狂いそうに欲してしまいます。

ある夜、私はとうとう我慢できなくなり、Mモードでハッテン場に行きました。
いつもは、Sキャラな服装ですが、この時はMファッションをしました。
地味な、でも清潔感のある感じ。
Sキャラの時は黒や赤が基調ですが、この時は白のトップにグレーのスカートです。
ヒールはやめて、サンダル系にしました。

ハッテン場で有名な公園のベンチに腰掛けました。
時間はもう0時を回っているので、
すぐにホームレス風の汚らしい男性が横に座りました。

「おめえ、欲しそうな顔してんな」

いつもなら絶対に言われない言葉です。
でも、それが心地よく、心臓が破裂しそうにドキドキしています。
男は黙っている私を同意したとみなしたのか、強引にスカートの中に手を入れてきました。

あぁ。そう。これ。この感覚。
今まで、命令をしてきた立場の私には、許可なく乱暴に触れることがひどく新鮮でした。

「なんだよ、お前。ビンビンじゃねえか!」

男はそういうと、パンティをおろし、私のペニスをしごき始めました。
もうビンビンです。男はおおおと言いながら、私のペニスをほおばり始めました。
普段、奴隷たちが頭をこすりつけて、
お願いですから女王様のおペニスを拝ませてくださいませと懇願する、
そのペニスをこの男は許可もせず、しかも口の中でじゅるじゅると思うように味わっているのです。

それなのに強烈な快感が襲ってくるのです。なんとか私はいかないように我慢していました。
ふと気づくと私の目の前に、ビンビンにそそり立ったペニスが3本あります。

「よお、おれたちの咥えてくれよ」

私は言われるがままに、ひとつを右手で、もうひとつを左手でしごきながら、ひとつは口で咥えました。
口の中で吐きそうに臭い男の匂いがしました。握っている両手からはぐちゃぐちゃと粘液の音と男の喘ぎ声がします。
同時に、私のペニスをフェラしている男の強烈に臭い、頭髪臭が私を襲うのです。
ああ。この私が、男たちの性の掃きだめになってる・・・

私は今までにない興奮の波に襲われ、男の口の中にたくさん出してしまいました。
すると、それを見た男が次々に射精しました。まず左手の男のペニスがびくびくとしたかと思うと、男は私の胸にびゅびゅっと射精し、次に私の口の中でどぴゅっっと激しい射精が起こり、男がペニスを抜くと、すぐに次のペニスが口の中に入ってきました。強烈な悪臭と苦みが口の中に広がります。すでに射精手前のようでした。すぐにまた口から抜き、私の顔にどぴゅぴゅぴゅと射精しました。最後に右手の男が大声をあげながら私のペニスにどろりと射精していました。

私は精子まみれになって、ベンチに放置されました。
なんていう、屈辱。なんという、侮辱。
この私が、見も知らぬ男どもに性の玩具のように扱われるなんて・・・
私はふらふらになりながら、ベンチを離れようとすると、また男が寄ってきました。

「また、したくなってきた。咥えろ」



(つづく)

テーマ: 女装 | ジャンル: アダルト

(1)この世で一番お慕いしております女装女王様(1)Aさんのケース

Aさんのケース


「ほら。ご褒美だ、ブタ」

そのお方は神々しくお立ちになり、
すらりと、しかし絶妙な筋肉質の完璧なおみ足を
眼前に差し出すのでございます。
私は無我夢中で舐めました。

女王様のおっしゃったブタになりました。
皮の味がします。
女王様の足の香りがします。
体中がとろけるように感じました。

女王様はわたくしのリクエストを受け入れてくださり、
会社のOLの格好でいじめてくださっています。
清潔な白のタイトなシャツに、グレーのタイトなスカート。
ストッキングはもっとも一般的な黒ですが、光沢が入ったものを希望させていただきました。
ヒールももちろん黒の光沢の入ったものです。

なんて、素敵な光景でしょうか。
そして、女王様にはあまりにもお美しいペニスがあるのです。
こんな幸せがありますでしょうか。

もっとなめようとかがんだ時に
私の勃起したペニスがパンティ越しに床にすれました。

その瞬間、
なにも悩みの無かった頃の自分に
戻った気がしました。

私は網をもってトンボを追いかけていました。
太陽がさんさんと降り注ぎ、
向こうで大好きなおばあちゃんが座って見ていました。

そして、私は女王様にいただいた、
匂いつきのパンティの中にたくさん射精してしまいました。


「あ~あ。射精してない?誰がイっていいっていったのよ」


私は全身全霊を込めて謝罪します。

「私の顔をみなさい」

女王様のお許しを得て、お顔を拝ませていただきました。
全くもって、美しいお顔。
内からにじみ出るサディズムが、美しいお顔とあいまって、
私はもうどのようにされてもいいという気持ちになりました。

「ブタの分際で、なにいつまで見てるのよ」

私は再び、謝罪いたします。

「パンティこんなに濡らしてどうするつもりなの。お前は。

それにイッタばかりで、もうびんびんってどういうことなの。

どんだけ淫乱なんだい。お前は」

「申し訳ございません」

「まあ、ブタに言っても仕方ないか。

お前は射精することしか頭にないものな。

お前はいくことしか頭にないいやらしいメス豚だものな」

私は女王様の声を聴きながら幸せに包まれます。
なぜなら、女王様のお言葉には全て愛情がこもっていらっしゃるからです。
ついに私は心を休まる場所をみつけたのです。


・   ・   ・   ・   ・    ・



「どうして、言ったことができない。結果が全然でていないじゃないか」


女王様とお会いした翌日、営業会議で副社長にそう言うと、

彼は声を詰まらせて青ざめるだけだった。


しかし、私は知っている。


こいつは隙あらば私を蹴落とそうと策略を練っていることを。


そうはいくか。私は決して社長の席を譲らない。


そのためには常に目を光らせ、私の力を誇示する必要があるのだ。



家に帰ると妻が出迎え、三つ指をついて言う。


「お帰りなさいませ。お風呂にいたしますか。お食事にいたしますか」


「風呂だ。それから食事にする。いつものやつだ。昨日のはちょっと味が濃かったぞ、気をつけろ」


「申し訳ございませんでした」


この女は一度、学生時代に俺をふった女だ。

こいつもそうだ。少しでも私が弱いところをみせたら、またつけあがるのだ。

冗談じゃない。私は死ぬまで、絶対的な力を誇示していくのだ。


ああ。もう、女王様に会いたいのだ・・・



(終わり)

テーマ: 女装 | ジャンル: アダルト

女装小説★作品リスト

ケータイの方はリストが表示されないようなので、こちらでも更新して参ります。

作品は下記リンクから最新版まで読めるようになっております。
ブログには最新版のみを残し、それ以前は随時リストに移行して参ります。
コメントや拍手など、そちらにしていただけますようご協力くださいませ。

何か設定のご要望などありましたらお知らせください。また体験談などありましたら、合わせてお知らせくださいませ。
創作の参考にさせていただきます。(管理人)



変人のあいつ
★同級生のあいつは女装して学校に来る変わったやつ。
でも、結構可愛いから困ってる。しかも年上の恋人がいるって噂。それも先生らしい。

デブで醜い借金取りに女性化
★でぶで醜い借金取りの男は妻である私に飽きてしまい
なんと夫に女装をさせて凌辱するという変態ぶりを示すのです。

あの夏、秘密の快楽
★近所のセクシーな年上女性。独特の色香に僕は参ってしまった。実はその「独特」には意味があったのだ。

こうしてペニクリ女性にはまりました
★久しぶりにあった水泳部時代の後輩が女装娘になっていた。翌週、ホテルのバーで会い、そのままホテルへ。こうして、私の新しくも刺激的なセックスライフが始まった。

無人島の秘密女装快楽
★無人島に流れついた男二人が繰り広げる女装コメディ。性的に溜まった友に女装を強要される。

肉体労働の男性に抱きしめられたい
★仕事に疲れ、退職し、思い切って田舎へ。これで思い切り女装ができる!



肉体労働の男性に抱きしめられたい(1)

人間関係に疲れ、思い切って会社を辞めた。

最初は実家にいたが、だんだんと近所の目が痛い・・・
退職金だのまとまった金もあったので、これまた思い切って
生活費のかからない、どこか離島にでもいくことにした。

「安易すぎる!」と親は批判したが、全ての責任は僕が取るわけだしね。
それに、そういう言い方が、会社を思い出し、僕はムキになって計画を実行した。

調べた結果、九州の離島に決めた。

その島はなんでも、やる気があれば農業研修とかあるらしい。
そこに永久に住むつもりはないが、もしものことを考えて、そこにした。
着いてみると、離島というイメージにしては人がいた。
これじゃあ、思ったより大胆に女装できないな、と思った。

そう。

離島を選んだもうひとつの理由は、自由に女装できるというのもあるのです。

とにかく、住むところを見つけないといけない。それもできるだけ安いところ。
すると思いがけない幸運がすぐに転がり込んできた。

「あんちゃん、家の農作業手伝ってくれたら、離れに住んでいいぞ」

とぼとぼ歩いていたら、熊みたいな大柄のおじさんが話しかけてきたのだ。
まさに願ったり。僕は二つ返事でお願いした。

農作業を手伝いながら、まともぶりをアピールし、ある程度、信頼を得てから女装しよう。
持ってきた女装グッズをスーツケースの奥に入れたまま、しばらく真面目に働いた。

一ヶ月が過ぎた。

「あんちゃん、よくやってくれるな。今時の若い奴にはめずらしいわ」

おじさんは僕にお酒と夕食を振舞ってくれた。おじさんは奥さんに先立たれて、ひとりなのだ。
農作業をやってきただけあり、色黒でがっしりとした骨格と筋肉の体型のおじさんから、
そんなやさしい言葉をかけられ、胸がキュンとしてしまった。

お酒が入ると、マッチョな男性に抱かれたくなるのだ。

このおじさんなら・・・・・
女装で抱かれたいと思い始めるのだった。


(つづく)

(1)フェム顔ペニスの目覚め(1)林に捨てられたポルノ雑誌

記憶を辿っていくと、一枚の写真にたどり着く。

それは林の中に捨てられていたポルノ雑誌。
僕はカブトムシを採りに早朝、そこにいた。
雨に濡れてガビガビになったエロ本。珍しく外国モノだった。
ページがくっついてしまい、なかなかページが開かない。
力ずくでえいやっと開くと、ベリッと音がしてその写真が飛び出した。

その写真は外国人女性が高価な下着を身に着け、
椅子に座りカメラ目線にポーズをとったものだった。
カールのきいたロングヘアで、お化粧も濃い目にばっちりで決め、
大人の魅力をフェロモンをこれでもかと醸し出していた。
黒の下着にガターを身に着けた大人のエロスに圧倒されてしまった。
ところがである。

ん?

よく見ると、その女性の股間には女性にはあるべきでないものあるのだ。
最初は気づかなかったが、よく見るとそのセクシーなレースのパンティ越しに隆々に勃起した何かが見える。

・・・・

僕は最初、なんだか分からなかった。
あまりにもその組み合わせが見慣れないものだったから。目の錯覚かと思ったほどだ。
パンティの模様がそのように見えるのか?

しかし、どう見ても、それは男性のシンボルであった。
それを確認すべく、他のページをビリっとめくってみた。
すると、3ページくらい飛んで開いたページに、先ほどの同じ女性が男性のペニスを口に含んでいる写真だった。
そして、おいしそうに勃起したペニスをしゃぶる、その女性にも隆々としたペニスが天に向かって見事に勃起してたのだ。

(つづく)
Page top