FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無人島の秘密女装快楽(2)見事な隆起した形に

女装をタダオに頼まれた僕だが、やるからにはちゃんとやりたいと思った。

「女装するから、準備に時間が欲しい」
そう言うと、タダオは苛立って答えた。
「準備?もう、いいじゃん、早く着替えてこいよ」
「嫌だ。最低2時間は欲しい」
「2時間も!どうしてだよ!」
「理由は聞かないでくれ。タダオだって、どうせするならきっちり女装したほうがいいだろう?時間は腐るほどあるんだし」
どうせ女装するなら、僕は全身の毛を剃りたかったのだ。それから化粧にも時間をさきたかった。
そんなことはタダオに言いたくない。女装に興味があるって思われたくなかったから。
「わかったよ!その代わり、やっぱり、気が変わったとかなしだぞ」
「大丈夫。女装はするから」

そう言うとタダオは「釣りにいってくる。2時間後にここへ戻るから」と言って去っていった。

僕はすぐに準備に取りかかった。
まず脛から両足、そして脇と入念に体毛を剃っていった。
つぎに、全身にクリームをぬり、ファンデを塗っていく。
実は、姉の化粧品を使って女装したことが何度もあったのだ。タダオのやつ、びっくりさせてやるぞ。
2時間がたち、タダオが帰ってきた。

僕は完全に女装した格好でタダオを出迎えて言った。

「おかえり。どう?」
「え、え、えええええ!!ま、まじか?ええええ!!!」
予想以上のタダオの反応に僕は舞い上がった。
タダオはしばし、固唾を飲んで女装した僕を見つめた。
「・・・・・しかし、すごいな。こんなに変わるのか。うーん。奇跡だな」
僕は女装をしたことはあるが、それを見られたことはなかった。
恥ずかしさと高揚感が入り混じった妙な気持ちだった。

「○○子の下着だけで興奮したけど、やっぱり人間の体に身についていると思うと違うね。
スカートの中にさっきの下着があるんだろう。しかし、お前すごいな。
なんていうか、そりゃ、完全な女ではないけど、妙に色っぽい。
俺、相当に溜まってるのかな。なんか、変な気分になってくるよ」

「何、俺に興奮し始めてるんだよ。もう脱ぐよ」

「ちょ、ちょっと待ってくれよ。いいじゃないか。こうやって見てるだけで、なんか俺は癒されるんだ」

実際、最初はいやいや女装した僕だったが
タダオにここまで褒められると、まんざら悪い気もしなかった。
時折、吹く潮風がスカートの下から感じて心地よい。

「うっ」
タダオが小さく声をあげる。

「なんだよ?」
「今、スカート中が一瞬見えた。やばい、俺やばいかも」
「なにがやばいんだよ」
「見てくれよ、ここ」

タダオが指差した場所は下半身だった。
穿いているビキニの水着からくっきりと分かるくらい激しく勃起したペニスだった。
僕はその見事な隆起した形に言葉を失ってしまった。
いや、正確に言うと「美しい」と思ってしまった。
そして、そのまま無意識にタダオの勃起したペニスのラインを指でなぞってしまった。

「うぐっ!」

タダオはあっという間に果ててしまった。
無理もない。相当に溜まっていたのでしょう。水着からびゅっと精子が溢れ出てきた。
「う、ぐううう」
タダオは立ち尽くしたまま、天を仰ぎ快楽に浸っていた。ペニスはまだ激しく脈を打っている。
僕は、こんなに激しく人を興奮させたという今までに味わったことのない感激、というよりは興奮・・・そう性的な興奮に体が震えた。

(つづく)

無人島の秘密女装快楽

無人島に漂流して、今日でもう二週間になる。

助けに来る気配は依然ないようだ。
友達5人で小さなクルーズを借りて釣りを楽しんでいた時だった。
突然天候が悪くなり、あっという間に波に流され、
気がついたら、大破したクルーズと男二人だけが砂浜に打ち上げられていた。
不幸中の幸いと言えば、持ってきた荷物があったことだけだ。

タダオはさっきからずっと釣りをしている。
僕はというと、森に木の実や果物など食べれそうなものを見つけてきたり、
大木を集めてSOSの文字を作ったり、当面住む場所を作ったりしていた。

その夜のことだった。

「なあ、○○子の荷物、開けちゃおうよ」
打ち上げられた荷物の中に女子の○○子の荷物もあった。
それまでは、亡くなったかもしれない人の、しかも女性の荷物に手を出すなんてという自制心があったが、
助けの希望が未だ見えない中、そんな気持ちも薄れていた。
タダオは僕の返事を待つまでもなく、荷物を開け始めた。

「うわっ。見てみろよ、このエロい下着。レースだよ。たまんねえな」
タダオは僕たちの暗い状況を吹き飛ばすかのように、茶化して笑った。
「よせよ」
「なんか、ムラムラしてきたよ」
そう言って、タダオはパンティを鼻にあてて嗅ぎだした。
「お前、やめろよ!」
僕はついイラっとして言ってしまった。
「固いこと言うなよ。このくらい娯楽なきゃ、やってられねえよ」
「そりゃ、そうだけど・・・」
「いいじゃねえかよ。もう、○○子はいねーんだし。こんな状況で常識的なこと言うなよ!」
僕たちは一気に気まずくなってしまった。

それから、しばらく話すらしなくなってしまった。

僕は謝りたかったが、タダオもプライドを傷つけられたのか、僕に近づきさえしなくなってしまった。
島に二人しかいないのにケンカしている場合じゃない。
早く、仲直りしなくちゃ。
それには・・・・
僕もバカになる必要がある。
「・・・・なあ、タダオ」
「・・・・」
「この間は、あんなこと言っちゃったけど、実は俺も興味あったんだ。○○子の下着に」
「だろっ?」
やっと、タダオが口を開いてくれた。
「あんな真面目なこと言ってごめん」
するとタダオが意外なことを口にしたのだった。
「許すからお願いがある」
「お願い?」
「この下着、お前はいてくれよ」
「え?」
「ここにある下着と服。化粧品もあるから、ついでにそれもしてくれよ」
「じょ、女装しろってこと?」
「いいじゃないかよ。誰もいないんだし、時間はありあまるほどあるんだし」
なんという提案だろう。まさか、僕に女装をしてくれと言うとは思わなかった。
でも、たった一人の友達だ。ここは受け入れるのが得策だろう。
「仲直りできるなら、するよ」
「やったー!」
僕はタダオと仲直りをしたい一心で女装をすることにしたのだった。
しかし、まさかタダオとこの後、あんなことになるとは想像さえしなかった。

女装をタダオに頼まれた僕だが、やるからにはちゃんとやりたいと思った。

「女装するから、準備に時間が欲しい」
そう言うと、タダオは苛立って答えた。
「準備?もう、いいじゃん、早く着替えてこいよ」
「嫌だ。最低2時間は欲しい」
「2時間も!どうしてだよ!」
「理由は聞かないでくれ。タダオだって、どうせするならきっちり女装したほうがいいだろう?時間は腐るほどあるんだし」
どうせ女装するなら、僕は全身の毛を剃りたかったのだ。それから化粧にも時間をさきたかった。
そんなことはタダオに言いたくない。女装に興味があるって思われたくなかったから。
「わかったよ!その代わり、やっぱり、気が変わったとかなしだぞ」
「大丈夫。女装はするから」

そう言うとタダオは「釣りにいってくる。2時間後にここへ戻るから」と言って去っていった。

僕はすぐに準備に取りかかった。
まず脛から両足、そして脇と入念に体毛を剃っていった。
つぎに、全身にクリームをぬり、ファンデを塗っていく。
実は、姉の化粧品を使って女装したことが何度もあったのだ。タダオのやつ、びっくりさせてやるぞ。
2時間がたち、タダオが帰ってきた。

僕は完全に女装した格好でタダオを出迎えて言った。

「おかえり。どう?」
「え、え、えええええ!!ま、まじか?ええええ!!!」
予想以上のタダオの反応に僕は舞い上がった。
タダオはしばし、固唾を飲んで女装した僕を見つめた。
「・・・・・しかし、すごいな。こんなに変わるのか。うーん。奇跡だな」
僕は女装をしたことはあるが、それを見られたことはなかった。
恥ずかしさと高揚感が入り混じった妙な気持ちだった。

「○○子の下着だけで興奮したけど、やっぱり人間の体に身についていると思うと違うね。
スカートの中にさっきの下着があるんだろう。しかし、お前すごいな。
なんていうか、そりゃ、完全な女ではないけど、妙に色っぽい。
俺、相当に溜まってるのかな。なんか、変な気分になってくるよ」

「何、俺に興奮し始めてるんだよ。もう脱ぐよ」

「ちょ、ちょっと待ってくれよ。いいじゃないか。こうやって見てるだけで、なんか俺は癒されるんだ」

実際、最初はいやいや女装した僕だったが
タダオにここまで褒められると、まんざら悪い気もしなかった。
時折、吹く潮風がスカートの下から感じて心地よい。

「うっ」
タダオが小さく声をあげる。

「なんだよ?」
「今、スカート中が一瞬見えた。やばい、俺やばいかも」
「なにがやばいんだよ」
「見てくれよ、ここ」

タダオが指差した場所は下半身だった。
穿いているビキニの水着からくっきりと分かるくらい激しく勃起したペニスだった。
僕はその見事な隆起した形に言葉を失ってしまった。
いや、正確に言うと「美しい」と思ってしまった。
そして、そのまま無意識にタダオの勃起したペニスのラインを指でなぞってしまった。

「うぐっ!」

タダオはあっという間に果ててしまった。
無理もない。相当に溜まっていたのでしょう。水着からびゅっと精子が溢れ出てきた。
「う、ぐううう」
タダオは立ち尽くしたまま、天を仰ぎ快楽に浸っていた。ペニスはまだ激しく脈を打っている。
僕は、こんなに激しく人を興奮させたという今までに味わったことのない感激、というよりは興奮・・・そう性的な興奮に体が震えた。



(つづく)


あの夏、秘密の快楽

あれは中学2年の夏でした。

夏の悶々とした暑さの中、僕はいつものように布団にくるまり汗だくの中、オナニーに耽っていました。
射精した後、キンキンに冷えたカルピスをクーラーのきいた部屋の飲むのが大好きでした。
オナニーは小学4年ごろからしていたと思います。
きっかけは、部屋にあった母の下着で股間を擦ったら異常に気持ちよくなったのがきっかけかと思います。
それから成長するにつれ回数も増え、オナニーの対象も変化していきました。
最初は自分より年上のアイドルや女優さんだったと思います。それから段々とクラスメートに移行しました。
それが中学に入ると、どうもクラスメートでは興奮してこなくなりました。
まさかオナニーのしすぎでインポか!と焦りましたが、暫くすると精子もたまって、あっという間に射精するのであまり気にしていませんでした。

そんな、中3の夏にあの人に出会ってしまったのです。

初めて会ったのは、塾の帰りでした。自転車での帰途、道端である女性が立ち尽くしていました。
40代前後くらいでしょうか。とても色っぽい感じで、セクシーなドレスを着て、ハイヒールを履いてます。
ホステスか何かやられてるのかなと思いました。

「大丈夫ですか?」僕がそう聞くと、「大切なリングを落としてしまったの。一緒に探してもらえないかしら?」と言いました。

僕はその年上女性の色っぽさと強い香水に惹かれたこともあり、無言で自転車を降り一緒に探しました。
リングはすぐにみつかりました。その女性はとても喜びました。

「おばさんお礼がしたいから、今度うちにいらっしゃいね」と言って、住所を教えてくれました。
「おばさん」と言っていましたが、それが妙に色っぽく響きました。僕はその夜、その女性でオナニーをしました。久しぶりに濃厚な射精ができました。次の日も、その次の日もおばさんでオナニーしました。
しかし、さすがに三日連続すると最初の興奮はなくなってきました。

その時です。

「・・・おばさんにおちんちんがついていたらいいのにな」と思ったんです。
その瞬間、今までに味わったことのない激しい興奮が僕を襲ったのです。
僕のペニスは射精したばかりだというのに、ピーンと反り返るように勃起し、びくびくと脈を打っています。
え?何、これ。どういうこと?僕は混乱しました。

おばさんにペニスがあったら興奮するって・・・

そう考えると急に気分が悪くなりました。僕は同性愛者なのだろうか。急に僕は正常な世界に住むことを許されない異分子に思えてきました。親はもちろん、兄弟も親戚もみんな僕を異常者と思い、縁を切るということになるかもしれない。しかし、同時におばさんのセクシーなパンティーから透けた隆々としたペニスを想像すると僕は気が狂いそうに興奮するのです。

僕は理性と官能に引き裂かれ、苦しみました。

「あら、いらっしゃい。本当に来てくれたのね」

ドアを開けたおばさんはそれはもう色っぽかった。
おばさんに会って、興奮してしまわないよう直前にオナニーをしてきたけど、
会うとムラムラが湧き立ってくるのだった。

「あ。はい」

僕はおばさんの色香にどぎまぎし、そう答えるのがやっとだった。

「実はね、おばさんこれからお仕事なの。
でもせっかく来てくれたんだから、カルピスでもいかが?」

おばさんはこの間、会った時のような派手な格好でなく、
オフィスで働くようなシャツにタイトなスカートだった。
でも、その真面目そうな格好がかえって色っぽいからたまらない。

「はい。では、カルピスいただきます」

おばさんの部屋は思っていたよりも簡素だった。
もっと色きらびやかな、化粧品や装飾品があるかと思ったけれど、そういうものはなかった。
もしかしたら、ストッキングや下着が脱ぎ捨ててないかなと期待したがそれはなさそうだった。
おばさんはカルピスを持って来てくれた。ストッキングに包まれた足が素敵すぎる。

「はい、どうぞ。おばさん、ちょっとまだ準備があるから、ちょっとごめんね」

そう言ってお風呂場の方に行ってしまった。

チャンス!
僕は、すぐにクローゼットに近づき、音を立てないようにそっと扉を開けた。
想像通り、そこにはセクシーなドレスや下着がきちんと格納されていた。
僕はもうほぼ無意識に、その中でとびきりいやらしいレースの白いパンティを手にとり匂いを嗅いでみた。
僕は卒倒すると思うくらいに興奮した。そして、そのままポケットに入れるのだった。
扉を閉めようとすると、ふと男性用のスーツがあるのに気付いた。
あ、やっぱり男いるんだ。そりゃ、そうだよな。その時は、そう思い、またそっと扉を閉めた。

「あ、ありがとうございました!」

僕はそうお礼を言って、逃げるように家に帰った。
もう、オナニーしたくてたまらなかったからだ。部屋に入ると鍵をしめ、先ほどのパンティを取り出し、まず匂いを嗅ぐ。
できれば洗う前のが欲しかったけれど、おばさんはお風呂場にいたからしょうがない。
また、今度行った時にしよう。

クローゼットにあったパンティからおばさんの匂いはほとんどしなかった。
僕は、それを穿いて、ベットに転がり、おばさんを思いながらオナニーを始めた。
実はおばさんに、おちんちんがついているという設定で、そのおばさんに僕は強制女装されるというストーリーが今回のおかず。
おばさんは僕にセクシーなパンティーを穿かせ、そのつぼを完璧に押さえたペニスへの愛撫で寸止めを繰り返す。
僕は最初、女性化に抵抗するも、徐々におばさんの寸止めに気も狂いそうになり、最後は泣きながら射精を懇願する。

「お、おばさん!」

僕はそう叫びながら、おばさんのパンティーの中で大量に射精した。
言った瞬間、頭が真っ白になり、何も聞こえなくなった。徐々にクーラーの音がスーと聞こえ始める。
こんなに気持ち良い射精は、これまた初めてであったし、おちんちんがついておばさんという設定にすっかりはまってしまった。


(つづく)



ブログ再開

みなさん、お元気でしたでしょうか。

約一年間と四か月、休養させていただき、
この度ブログを「女装女王★奥様官能小説ブログ」として再開させることにいたしました。
小説というスタイルなので、基本、文章のみとなりますが、やっていく中で変化していくかもしれません。

テーマは「女装女王」と「女装奥様」というコンセプトを追及すること、
また、なるだけ狭く、深い、世界を追及していきたいと思っております。

また休養とならないよう、マイペースに創作活動ができればと思っています。

過去作品も一部、リライトなども施し、アップしていきます。

みなさん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

管理人


しばらくお休みいたします

ここしばらく更新せず、みなさんにご心配をおかけしておりました。

私は元気にやっております。

ご心配くださってありがとうございます。

ただ、こちらのブログはしばらくお休みいたします。

みなさんのご健康と幸せを祈っております。

今までご声援ありがとうございました。

管理人

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。